うねる、ふくらむ、まとまらない…髪のお悩み対策を原因とともにご紹介します

いよいよ本格的な梅雨に突入しましたね。
この時期に寄せられる髪の毛の圧倒的なお悩みといえば、

髪の毛が、うまくまとまらず ヘアスタイルが決まらない…
【うねる、ふくらむ、まとまらない】
髪のザンネン三銃士。。

これでは、オシャレしても気分も落ちてしまいますよね。

しかし「現象」には、必ず「原因」があります。
なので、その原因に対してきちんと対策を取って、

解決に向けてアプローチしていくことが大切です。
こちらの記事では髪の毛に起こっている原因とその症状別アプローチをご紹介していきます。

毛髪で何が起こっているの?

こちらの図をご覧ください。簡単ではありますが、毛髪の構造図です。


皆さん、キューティクルはよく耳にしたことがあるのではないでしょうか?
キューティクルは、髪の毛の状態を左右する、
つまり髪の毛をコントロールする役割を果たしています。

今回のお悩みで注目すべきは「コルテックス」。
コルテックスは髪の水分を保つ役割を果たしているのですが、

この時期に髪の毛が【うねる、ふくらむ、まとまらない】のは、

梅雨の湿気により、必要以上の水分がコルテックスに蓄積されます。
コルテックス自身では髪の毛の水分量を調節することが出来ないため、

それで【うねる、ふくらむ、まとまらない】ザンネン三銃士が登場してしまうのです。

では、どうしたらいいの?〜髪質別アプローチ

先ほど「キューティクル」が髪の毛の状態をコントロールするのに

大きな役割を果たしているとご紹介しました。
このキューティクルにアプローチすることによって、

【うねる、ふくらむ、まとまらない】ザンネン三銃士を抑えていくのです。

このメカニズムをたとえるなら、「レインスプレー」や水分を吸収させる「ポリマー」のようなものです。さっとスプレーすると雨水を弾いたり、吸水成分で水分をキャッチしたり…あの様子を髪の毛で再現させるのです。

つまり外側のキューティクルにはたらきかけ、湿気による余分な水分がコルテックスに入ってこないようガードしてしまうのです。

なるほど!ではヘアオイルを塗ればいいのか!・・というわけでもありません。
オイルはしっかり付着するため、選んだオイルによっては、かえって髪の毛がベトついて質感が重たくなるのです。なので、髪質によって選ぶオイルやパウダーがとても重要になってきます。

それでは「広がりやすい毛」と「ネコ毛(柔らかい毛)」別にご紹介させていただきます。

・「広がりやすい毛」

水とオイルが、ほぼ半分!水のような、さらっとしたオイルがオススメです。
私のサロンでは、こちらの2種類を使って仕上げています。
ミストタイプは髪の毛を乾かす時に、

スプレータイプはお出かけ前に、さっとひと噴きするとヘアスタイルの持ちが変わってきます。

・「ネコ毛(柔らかい毛)」

こちらのタイプの方には、余分な水分を吸着してくれるパウダータイプがオススメです。

髪に直接振りかけて使いますが、慣れないとかけ過ぎてしまうかもしれませんので、手のひらに取り出して、数回に分けて髪の根元の方から擦りこむように付着させてもよいです。

ロングヘアの方や、より手軽に使いたい方はスプレータイプもありますので、ブロー前に、全体にまんべんなくかけドライヤーで乾かす(スタイリングする)と良いでしょう。

*各商品写真をクリックすると、より詳しい説明をご覧いただけます。

まとめ

ここまで、いかがでしたでしょうか?
実は「くせ毛」の方には、ごめんなさいの記事でした。
「くせ毛」も、同様に【うねる、ふくらむ、まとまらない】お悩みがあると思いますが
これは湿気によるものではなく、髪の毛が構造上による症状なので
湿気対策としてご紹介できる画期的なアプローチがないのが実情です。
機会をみつけて、簡単なヘアアレンジをご紹介できればと思います!

また、どんな季節でもキレイな髪の毛のベースとなる頭皮がイキイキ!するマッサージ

こちらのÉCLAT髪質改善コラムをご参照ください。